セラピーやボディワークの入門、養成、認定なら一般社団法人 ゆったりセラピー協会

セラピーやボディワークの入門、養成、認定なら一般社団法人 ゆったりセラピー協会

ゆったりセラピーってなあに?

今の世の中、ゆったりなんかできません

 ずいぶんとギスギスした世の中になってしまいました。すべてが経済優先で、絶えず世界中のどこかで、戦争をしています。凄まじい環境破壊も止むことを知りません。どう考えても、ゆったりできるような世の中ではなくなってしまいました。

 恐れと不安が、どこからともなくやってきては、私達の心とからだを苦しめます。そしてそこから逃れようとするとさらに、消費を強いられます。もっと、もっとと。お金さえあれば、あたかもなんとかこの苦しみから逃れられるようにも錯覚します。しかし、この大量生産大量消費を良しとする世の中は、最終的には戦争によってその歯車をまわし続けます。そういうしくみです。このことは、小学校や中学校の歴史の教科書にも書かれていました。この経済システムそのものが、戦争を見込んだものなのです。残念ながら、教科書は、そこから逃れ、立ち上がり、新しい価値観を模索していく方法を教えてはくれませんでしたね。

 ゆったりすると、からだは自然に自ら整います。

 ゆったりセラピーは、そう教えます。果たして本当にそうなのでしょうか?
からだが整うと、心は軽くなります。生きてゆくエネルギーが湧いてきます。しかし、そもそも、ゆったりできない世の中になってしまっているのです。どうして、ゆったりなんかできましょう?どうして、からだが整ったり、ましてや心が軽くなったりできるでしょう?

ゆっくりと、深く触れられる体験

 例え、ゆったりできない状況にあっても、“敢えて”ゆったりして、からだを整え心を軽くする。そして、私達一人一人が、恐れや不安から、消費し続けることをやめれば、この世の中はどうなるのでしょうか。

 ゆったりセラピーは、「ゆっくりと深く触れられる」体験を提供します。触れられることによって、失ってしまった“からだ”を取り戻し、今、ここの瞬間に立つとき、恐れや不安は消えています。そう、ゆったりするのです。それは、ゆっくりと深く触れられたとき、否応無く、起こります。

 時間泥棒に時間を盗まれ、自分自身のからだを失い続け、際限なく恐れと不安が押し寄せる、ゆったりできない世の中。そして、その恐れと不安が、消費を促し、消費を増幅し、戦争を起こし、命をも消費して、消費そのものを維持しようとします。私達は、そうした経済システムの中に生きています。
 
 ゆったりした世の中とは、どんな世の中なのでしょうか。ゆったりセラピーは、そこに向かっています。「ゆったりさ」を、一人一人の内側に取り戻さなければなりません。

エサレン(R)ボディワークと日本古来の身体技法

 ゆったりセラピーのルーツは、カリフォルニア州にあるエサレン研究所で育まれたエサレン(R)ボディワークという、全身オイルトリートメントです。

 エサレン研究所が設立された1960年代初頭、米国は、ベトナム戦争の真ただ中で、多くの若者がベトナムへ送られていました。ベトナムからの帰還兵は、その過酷な体験のトラウマから、一般社会に適応することが困難で、自殺する人も多く、社会は、混乱していました。西洋文明や西洋的な価値観では、こうした社会的混乱を含め、個人の内側の混乱を解決できないと考えた多くの人々は、人間性に根ざした、新しい価値観と社会システムを求めて、さまざまな心理療法や身体技法を試みました。エサレン研究所は、そのセンターとして、発展しました。
 
 エサレン(R)ボディワークは、そうした取り組みの中から、「触れられる」ことが、人間としての全体性を取り戻していく有効なツールであることを発見し、またどのような触れ方がそのためには必要で有効なのか、ということを追求し実現したワークでありセラピーです。

 日本で、本格的に施術者が養成されるようになったのは1999年からのことでした。その後、日本での実践が続けられる中で、日本の風土や文化に育まれた繊細さが加えられ、また、日本古来の身体技法を、施術者が実践すべきメソッドとして位置づけた「ゆったりセラピー」の様式が生まれました。現在では、社)ゆったりセラピー協会が、その施術者養成の全プログラムを提供し、ゆったりセラピーの触れ方のメソッドを伝えています。

からだを痛めず、疲れず、寄り添える

 日本古来の身体技法とは、日本の武芸や芸能で用いられる「すり足」というものです。施術の際に施術者がそのからだの使い方を用いることによって、ゆったりセラピーで求められる「寄りかかり」と「返しを捉える」の触れ方の基本が実現でき、ゆっくりと、深く触れていくことができるようになります。そしてまた、施術の際に、すり足を用いると体軸を捻らないので、相手に瞬時に寄り添え、また、からだを痛めることが少なく疲れにくくなります。
 こうした質は、日常の生活や、介護や医療の現場でも活用していくことができるものです。ですから、ゆったりセラピーはその施術を受けるだけではなく、その触れ方を学べば、多くの“触れることが必要とされる分野”で活用していくことができます。