社)ゆったりセラピー協会の認定インストラクターは、次の3種類あります。

1、ハンドケアインストラクター
>>詳しくは、ハンドケア認定インストラクターコースのページへ

2、ゆったりセラピーインストラクター
>>詳しくは、ゆったりセラピー認定インストラクターコースのページへ

3、現代レイキマスター
>>詳しくは、現代レイキマスター協会認定コースのページへ

いずれも、

心身の統合感を増し、バランスを取り戻すためのソマティック・アプローチを実践的に指導するインストラクターです。
当協会では、インターネットを活用した豊富な継続教育プログラムを用意しており、無理なく、十分に、継続して学び、インストラクターとして活躍できるようにサポートをしております。
認定インストラクターは、ゆったりセラピーのコンセプトを身につけ、実践する教育プログラムを教えることを通して、尊厳に満ちたケア、生きる喜びを感じるケアを社会に広めていく役割を担います。
また、ゆったりセラピストは、ゆったりセラピーの「触れる」技を実践する施術者として地域コミュニティと人々の健康増進に寄与します。

私達の理念は、
「触れること、触れられることの豊かさをすべての人に」です。

特に、医療、介護、福祉など、触れること、触れられることからの疎外が生じやすい分野にその豊かさをもたらし、すべての人が心豊かに安心して暮らすことの出来る社会を目指します。
そのために、具体的な活動として、施設等での、ハンドケアボランティアを推進しております。ゆったりセラピーのメソッドで行うハンドケアは、「和」のからだの使い方を用い、”寄り添う触れ方”を自然に無理なく誰でもが実践できます。

>>ゆったりセラピー・ボランティア(準備中)
また、協会では、ゆったりセラピーのメソッドで施術のできるゆったりセラピスト®を養成しております。
リラクセーションサロンでの総合的な施術内容に対応したプログラムを擁しております。

>>ゆったりセラピー基礎講座
>>心で触れるボディワーク本格コース(全身オイルトリートメント)
>>フェイス・ヒーリングコース

ゆったりセラピーのメソッドとは

「ゆっくりと」「深く触れていく」ことが特徴です。

  • ゆっくりと触れられると、原始感覚系が刺激され、ここちよさ、安心感、自己肯定感、といった情動が喚起されます。そのゆっくりさは、毎秒およそ5センチと言われます。
  • 深く触れていくとは、深部組織を刺激することを意味します。加えて、ゆったりセラピーの触れ方は、”寄りかかり”の身体感覚を使った十分な圧と、それにともない生じる”返し”と呼ぶ、触れられる側のからだが発する自然な動きを捉える触れ方を用います。こうした触れ方により、ロングストローク・ゆらし・受動的な動き・ストレッチ・エネルギーワークとしての微細なタッチの多彩な触れ方で、触れ方の質的な”深さ”を追求します。
  • こういった独特の触れ方により、ゆったりセラピーのメソッドで触れられると、「奥底に触れられた」と感じます。そして、この体験は肉体的精神的安らぎと統合感をもたらします。

ゆったりセラピーのメソッドで触れられると、
心とからだが一緒に「ゆったり」します。
ゆったりすると、からだは自然に自ら整います。

  • ゆったりセラピーを受けてみたいと思った方は、お近くのゆったりセラピスト®をお探しください。
  • ゆったりセラピーを学んでみたいと思った方は、寄り添う触れ方の技法講座、ゆったりセラピー入門講座、ゆったりセラピーハンドケア講習へお出かけください。
  • ゆったりセラピーのコンセプトで、気軽に家族や友人に実際に触れてあげて”ゆったり”してもらいたいと思った方は、ゆったりセラピーハンドケア講習をお勧めします。30分程度のハンドケアの施術を身につけていただけます。
  • 施術方法を本格的に身につけて、ゆったりセラピスト(R)として自立したいとお考えの方は、まずは、ゆったりセラピー基礎講座を受講してください。全身オイルトリートメントの施術方法を身につけたい方は、心で触れるボディワーク本格コースを受講してください。
  • 協会の理念に賛同し、認定インストラクターとして協会とともにその理念を広める活動をしたいとお考えの方は、ゆったりセラピー認定インストラクターコースを受講してください。
  • 協会のボランティア活動に参加されたい方は、まずはゆったりセラピーハンドケア講習、そして、「和」のコミュニケーション力講習(準備中)を受講してください。また、ボランティア活動を協会とともに推進したいとお考えの方は、認定ハンドケアインストラクターコース(準備中)へとお進みください。

ゆったりセラピーの始まり

当協会代表理事の鎌田麻莉が、1992年に、ソマティック・アプローチであるエサレン®ボディワーク(全身オイルトリートメント)を日本に最初に持ち帰ったことに始まります。
エサレン®ボディワークを育んだエサレン研究所は、カリフォルニア州にある、ゲシュタルトセラピーやエンカウンターグループなどの心理療法、またはソマティクスおよびソマティック・サイコロジー(身体心理学)、そして東洋と西洋の身体技法の実践・研究において、世界的評価のある研究所です。

日本での鎌田の忍耐強い実践の中から、エサレン研究所で育まれたソマティックアプローチ・「エサレン(R)ボディワーク」と、歴史的に伝承されてきた和の身体技法「すり足」とが融合されて、「ゆったりセラピー」が産声をあげました。2013年12月、このゆったりセラピーのコンセプトとメソッドを教育プログラムとして広く一般に伝えて行くために一般社団法人ゆったりセラピー協会が設立されました。

鎌田は、毎月24回、メルマガ「エサレンアプローチへの一つの明確な答え」を配信しています。
興味のある方は、こちらから登録できます。(登録は、無料です)

また、ゆったりセラピーのコンセプトについて詳しくは、下記をご覧いただけます。
機関誌 「身」の医療 第1号(2015)
P76-88 ゆったりセラピー「触れること」「触れられること」の豊かさを取り戻す(PDF

ゆったりセラピーってなあに?

今の世の中ゆったりなんかできません
>>>ゆったりセラピーのコンセプトについて詳しくはこちらからどうぞ

人類へのギフト、「エサレン®ボディワーク」
ソマテッィク・アプローチ(準備中)

和の身体技法「すり足」
からだを痛めず、疲れず、寄り添える(準備中)